Hatena::Grouphattrick

takayamaの ”マニュアルは、ちゃんと読めっ!”

2010-09-17

5連敗の反省(その4)

21:57

シリーズ第4戦は昨季首位チームの、Ikube WanderersとのHOME戦でした。

結果はこの通り。


f:id:takayama2009:20100917210836j:image


f:id:takayama2009:20100917210837j:image


HOME戦ながら、勝つどころか引き分けすら難しい相手でした。

試合結果は0-4。

スコア4点のうち3点はうちの弱い左サイド(Ikubeの右サイド)からでした。

チャンス・ミスのリポートは相手に1つだけ。

ポゼッションを見るとFC Ponpon-yama にも2,3のチャンスはあったはずですが、相手の強力な守備に阻まれ、あっけなく弾き返されたようです。

うちの右サイドも頑張って3本くらいは止めているのかもしれません。


そもそもこの試合は勝ち点を計算していませんでした。

負けは想定済みです。

ここで問題となったのは、負けがこんで来てファンの機嫌が悪くなり上位チーム相手なのに観客数が非常に低かったこと、そして得点できない症候群にかかっていることが判明したことでした。


これまでに得点したのは、緒戦とレーティングでは下位相手の3戦目の2点ずつ、計4点だけです。

何より0点負けが2戦もあることが決定的です。

0は何回かけても0のまま。手がかりが無いことを意味しています。


そう思ったとたんに意識しだしたのがチームの「自信」という要素でした。

そして、N-Kobayashi さんがU20 監督時にやらかしたことを再現することになります。

(続く)