Hatena::Grouphattrick

robykeane10のhattrickとか諸々日記

2010-03-03

No.8 12:37

f:id:robykeane10:20100303105141j:image

クリストファー・スフィ(Christoffer Speh)は、スイスローザンヌ出身のMF。裕福な家庭(4人兄弟の末っ子)に生まれたクリストファーは、少年時代からフットサルに夢中であった。自身が11歳の時に設立し、初代会長を務めたカンチェラーラというフットサルチームが州大会で優勝、クリストファーも大活躍したことによって数々のオファーが舞い込むこととなり、地元の有力クラブ、FC Stinkefingerに入団する。18歳でトップチームにデビュー。その二年後に強豪Corbanese Coyotesに引き抜かれ、チームの中心選手としてⅥ部リーグ三連覇に貢献する。その後、フリー・トランスファーで世界中の獲得合戦を制したChiyoda Unitedに移籍。既にチームの皇帝として君臨していたEleuterio Quesadaとの関係を危惧する声も多かったが、持ち前の冷静で正直、感じ良い性格によりチームに溶け込んだ。FKの名手と謳われる。そのキックは「7色のFK」と呼ばれるほどバリエーションが豊富で、世界中のフリーキッカーのお手本にもなっている。ほとんどボールを回転させない彼の無回転フリーキックは不規則な軌道が非常に読み辛く、レンジを問わず高い精度を発揮する。また、FKばかりが注目される感があるが、ゲームメイクもワールドクラス。さらに戦術理解度の高さを生かして中盤でさまざまな役割を担うことが出来るユーティリティー性も持ち合わせる。決して派手ではないが、プレーの一つ一つが非常に安定している。

尊敬する選手は「デニス・ベルカンプ

監督評「スフのFKは完璧だね。たとえゴールラインにキーパーが5人いたとしてもゴールするだろう。それ以上に完璧なのは彼の誠実なプレー。アウェイの試合で50,000人の相手サポーターがいても、終了のホイッスル後には拍手がおこっているんだからね」

namacocafenamacocafe2010/03/03 19:51こういうのを見ると選手をほんとに愛してるんだなーと羨ましくなります('∇')
自分も早く愛情を注げる選手をゲットしたいものです(つд・)