Hatena::Grouphattrick

takayamaの ”マニュアルは、ちゃんと読めっ!”

2011-05-24

金曜日のクウェート戦に向けて、

23:10

敵情視察をしたら1名入れ替わっていました。

代表チームは選手を加えるときは何も起きませんが、選手を登録から外す時にチームの士気が低下します。

そのような環境なので、序盤のうちは必要数の選手しか登録しません。

試合が進むにつれ状況が変化するので、それに従って登録選手を徐々に追加してゆきます。

定員はコーチ込みで26名。

クウェートは現在満員でした。

日本はまだ25名。

キーパー等のキープレイヤーが負傷した時などに備えて2名分くらい空けておきたいところとは、NaokiSoma さんの弁。

負傷以外にも、バックグラウンドによるコンディション低下にはまるとドツボですからね。


今大会のクウェートはオーバーエイジ選手がたくさんいるのが特徴。

オーバーエイジ選手とは、予選期間中に20歳を超えてしまい期間途中から出場できなくなる選手のことです。

年をとっている分トレーニングを積んでいることになり、スキルが高いです。

日本vsクウェート戦は第一戦と第八戦なので、クウェートの年長選手が出られなくなる前に彼らと当たってしまう大会となりました。

逆に日本はほとんどの選手が予選通過後もそのまま戦えるメンバー。

私は必要があればオーバーエイジ選手も使うと選挙のときに述べましたが、いい選手がいないのでその機会もない。

前監督のNaokiSoma さんの戦略とも言えます。

現在の厳しい状況を歯がゆく思っていることでしょう。


日本U20 の選手層が厚くなるのは、この予選後に20歳になる選手達からのようです。

ちょっと言い訳。。。