Hatena::Grouphattrick

takayamaの ”マニュアルは、ちゃんと読めっ!”

2010-08-12

U20代表監督選挙。

23:17

正直な話、代表チームって何なの、と時々思います。


現実世界ではワールド・カップを終えたばかりですが、あのような競争の仕組みにおいてはチームの完成度は低くならざるを得ないことを、私は初めて知りました。

一言で言うと、まともに真面目にサッカーWCを観たのは今回が初めて、ということです。

そして、ハットトリックの(代表戦の)場合は逆なのかなぁ、と思っています。

選手の育成を計画的にできるからです。

やろうと思えば。


もちろんユーザー数が多ければ選手層も厚くなり、召集人数に限りあるとはいえ、戦略のオプションは増えます。

小国が不利なゆえんです。

代表戦で勝つためには目標とするチーム像を設定し、それに向けて育成を進めることが一つの考え方だと思います。

そのためにはある程度のボリュームのユーザー間で意思統一が必要でしょう。

それは誰の役割か?

・・・、というところで日本はとどまっているのかもしれません。


NNT(Nippon National Team)Federation は、主に戦術会議の場であって、選手育成やチーム造りの議論はそれに付随するもの的な位置付けとボリュームです。

トレーニング・スピードの変更で、選手のマルチスキル化とそれに伴う戦略オプションのバラエティ化が予測されています。

例えば、現実のスペイン(というよりもバルサかな?)サッカーを目指そう、という目標を立てて代表チーム造りをしてみるという試みは、・・・やってみたいなぁ。

kcingnarkcingnar2010/08/13 08:28バルサのサッカーを目指して代表を作るのも面白そうですね!!

takayama2009takayama20092010/08/13 15:04それぞれのポジションのモノスキル・プレイヤーを育てて、その後、パス・トレーニングのチームに数シーズン託す、とか。カウンター専門のチームの方が作りやすいかもね。