Hatena::Grouphattrick

takayamaの ”マニュアルは、ちゃんと読めっ!”

2010-06-12

リアルWC アルゼンチン vs ナイジェリア

23:40

マラドーナ、楽しそうだな。


一番近くで観れるからかな。

お見事、韓国。

22:42

緒戦勝ち点3は実に良い結果だ。



さて、私の疑問は続きます。


フィールドの大きさはどこも同じですが、タッチラインから外の部分は球戯場ごと、もしくは試合ごとに違っていますよね。


ロングスローの効き方が変わると思うのですが、規定は無いのでしょうか?



調べました(相変わらずお気楽調査ですので失礼)。


フィールド外側の寸法規定は見つかりませんでした(日本のサッカー競技規則)。


相手チーム(AWAYチーム)にロングスロアーがいる場合、広告版を出来るだけタッチラインのそばに持ってきてやりにくくするという防衛策が取れるということですなぁ。



さて、偶然見つけた驚きの事実。


サッカーフィールドの寸法は一定でない。


競技規則によると、


 長さ(タッチライン)

  最小90ⅿ(100ヤード)

  最大120ⅿ(130ヤード)

 幅(ゴールライン)

  最小45ⅿ ( 50ヤード)

  最大90ⅿ(100ヤード)


何だこりゃ、です。


さすがに、国際試合はがっちり既定されているであろうと、・・・。


 長さ

  最小100ⅿ(110ヤード)

  最大110ⅿ(120ヤード)

 幅

  最小64ⅿ( 70ヤード)

  最大75ⅿ( 80ヤード)


あああああ、、、。


そのくせ、こんなところはけっこうカッチリしている。


 すべてのラインの幅は同じで、12㎝(5インチ)を超えてはならない。


ラインの幅は大切です。


なんつったって、境界を示しているのですから。


それがブっとかったら、出たのか出ていないのか、判断つきませんので。



んー、野球場はかなりデタラメ感満載なのだが、ピッチも何気にアバウトだったのね。

三歩歩くと忘れてしまう、

22:15

鶏並みの脳みそを持った私、サッカーの試合を観ていて思い出しました。


「私が小学生の頃は、ゴールキーパーがエリア内でボールを持って歩ける歩数に制限があった」


(後半35分、ギリシャ少し元気になっている。集団オフサイド戦法が効いている)


どうも、この歩数制限がいつの間にかなくなったらしい。


調べました。


【2000年のサッカー競技規則改正からGKがボールを保持時『4ステップ迄という歩数制限』から『6秒を超えてはならないという時間制限』に変更。6秒を超えなければ、GKはボールを保持したまま、何歩でも進める。6秒を超えた場合は相手の間接FK。】


2000年って、つい最近!


Jリーグ発足よりも後なんですね。

リアルWC 韓国 vs ギリシャ

21:39

どうもハットトリックU20予選でのあの一件があってから、ギリシャを好きになれません。


世界大会となると同じアジア勢(極東)ということで韓国も応援するのですが、それを差し引いてもギリシャの印象が非常に悪くなってしまいました。


おっ、よし、いいぞ。2点目(パク・チソン)。


現在、TV中継観戦中。

robby1robby12010/06/12 22:22最後までギリシャはチグハグだったと思います。

時間がない中で最終ラインで玉回ししてるようでは・・・

takayama2009takayama20092010/06/12 23:32ギリシャは組み立ててボールを前進させることができていなかったように思います。
みんなで動いてワシャワシャと、ん?
日本に似ている・・・。

mizuha0407mizuha04072010/06/13 12:13私もそんな印象<ギリシャ
でも、オーストラリア程度には個人の能力があるのでそれでなんとかできかけたけど。

サッカーのフィールドは結構アバウトです。日本ではそんなことないんですが、基本的にどこでも遊べるスポーツですから、寸法細かく決めるのはそぐわないのでは。

takayama2009takayama20092010/06/13 13:32地球上のどこでもできるように、寸法にある程度幅を持たせているということですかね。
ふところが深いぞ、フットボール!

KUPo_no11KUPo_no112010/06/13 21:10ラグビー場でもアメフト場でも野球場でもできちゃいますからね。

オールドトラフォードなんかは、ラインのすぐ外が下り傾斜になっていてスローインが非常にやりにくそうです。

takayama2009takayama20092010/06/13 22:24いよいよゴルフのグリーンみたいな話になって来ましたね。
地形を活かしてうんぬん。