Hatena::Grouphattrick

JAPANSTARS通信

2010-06-14

先制するも・・・

07:53

公式戦の結果から。

f:id:mozamoza:20100614074707j:image

この試合も、膠着状態から始まりました。

41分、JAPANSTARSきってのテクニシャン高木が先制点をあげる!

f:id:mozamoza:20100614075139j:image

これはいけるのか・・・?

と思ったのもつかの間、すぐに同点に追いつかれるとずるずると失点を重ね、結局は1-6で敗北。

前回のカメルーン代表戦のような試合展開になりました。

うーんこれは偶然なのかな。やはりスタミナトレーニングが足りないのですかね。

2010-06-09

Cameroon代表戦は記録的な試合に

12:01

大会が始まり、初戦のカメルーン代表戦がありました。

f:id:mozamoza:20100609114630j:image

試合開始から30分間イベントも無く、膠着状態が続く。やはり現実の日本代表のように苦しい展開なのか・・・と思っていると、カメルーンチームに先制点を許す。日本の実力はこんなものなのか。

誰もがそう思いがっかりしていたときだった。

開始 31 分、裕輔 (Yusuke) 徳永 (Tokunaga) が相手のディフェンス ラインを縫うようにドリブルで突破して同点ゴールを放った瞬間、スタンドは大歓声に包まれた。

チームを救ったのは頼れる10番の徳ちゃん!437人(!)のスタンドはのりのりムードに。

このゴールを皮切りにJAPANSTARSの猛攻が始まった。

4分間の間に4ゴールと相手チームを圧倒して前半を終了。後半開始5分には期待の若手Aviadがハットトリックを達成。後半も75分のキャプテン荒川のゴールを皮切りに10分間で得点の猛攻。

結果10-1というスコアで大会初戦を白星発進できた。

特にAviadは5得点をマーク。若きエースストライカーは見るものの目を惹いた。

f:id:mozamoza:20100609115832g:image

前半も後半もある時間帯を皮切りに得点が集中しているのはチームのスタミナが切れたのが原因なのかな?

前半の30分の沈黙が嘘のような試合になりました。この試合がチームに活気を与えて、次の試合も善戦してくれれば良いのですが。。。

takayama2009takayama20092010/06/09 19:08うはは、1人で5得点!
楽天ゴールデンイーグルスの3番手投手でも勝てそうなスコアです。

2010-06-08

リーグ戦折り返しにあたって

09:20

f:id:mozamoza:20100608085847j:image

現在は実力通りの順位となっています。

4位のpluspとは4-3という惜しい試合内容で負けました。後半のホームでやるときには必ず勝って4位への望みをつなげたいです。

得失点差も同一なので、直接対決を制すれば目標である4位も夢じゃありません。

さて、キリがいいので今後の方針を少し整理したいと思います。

リーグ戦:4位を目指す。

親善カップ戦:予選突破(ほぼ無理?)を目指す。初戦は勝ちたい。

チーム方針

①ディフェンダーの強化(CB,WB)

②コーチの強化

事務的方針

①スタジアムの改築。二万人くらいにはしたいかな?

チーム事情を見直したところ、ファンの機嫌が狂喜乱舞から失望したまで下がっていました。

後半戦も前半は上位チームとの対決ばかりなので、どうにか殺意を抱かせないようにしたいです^^;