Hatena::Grouphattrick

S.Onozakiの監督始末書。 RSSフィード

2011-02-22

特徴あれこれ。

23:48

世間様はリーグ終盤に向けて大盛り上がりだというのに、こちらはのんびり最終節の準備など。というかNishinomiyaさえ倒せれば優勝間違いなしなんですが。

先日、hattrick仲間の友人と話をしていた時のこと。

「なんでドリブラー無いんですかねー。でなければ能力値ドリブル」

takayamaさんも仰ってました特徴ドリブラー。私の解釈だとパスとプレースキックを除く能力にはドリブルでの移動およびキープも含まれるんだろう…ということじゃないかと。

で、友人と新しい特徴(希望というか有ったら面白そうなもの)を考えてました。

①狡猾

IM等のセンタープレイヤーで有効。試合中にランダム発生、発生後は相手の守備レートが低いポジションを狙って攻撃するようになる。

「Yasuhito Endoは細かくパスを回し、守備の薄いサイドを狙い続けて相手を翻弄した。」

マリーシア(または中東戦法)

リードしている際にランダム発生。相手のチャンス回数が減る。時折遅延行為でイエローカードを貰う。FWの場合、そのままゴールチャンスのFKになる場合がある。

「Takayuki Suzukiは相手との接触後に転げまわって苦しんでいたが、主審が近寄ってくると何事もなかったように歩き出した。」

③起死回生

後半20分以降で勝っていない場合にランダム発生。試合終了に近いほど発生しやすい。シュートイベントが起き、自チームに得点が入る。

「King Kazuは相手の一瞬の隙を突いた。相手のマークを剥がすや否や、素晴らしいドリブル突破からゴールを奪う。試合は振り出しに戻った!」

スーパーサブ

後半交代時、相手より支配率が低いと発生。交代位置のレーティングが上がり、かつそのポジションのチャンスが発生しやすくなる。

「Tatsuya Tanakaは投入直前まで、試合の流れをよく見ていた。交代するなり相手の隙を狙い続け、流れを取り戻すことに成功する。」

…などなど。①とか②あたりはあっても良さそうですが、④なんかは交代時にしか発生しないとか限定されすぎですかね。トレーニングが60分くらいで効果最大になったり、後半に投入した選手の方が特徴を発揮しやすい、と言った利点があれば、交代策にも幅が出てきて面白いのかなと思います。

今後にちょっと期待。

2011-02-05

Alltidの順位。

00:23

travianに…いえ、先日辞めました。最近は補強はほとんどしてないにも関わらず、けっこう勝率いいです。というか2位です。

今度こそNishinomiyaを打倒すべく、次なる補強を画策中。

その前に今の戦力比較をしてみます。出でよ、Alltid!

f:id:S-Onozaki:20110206001912j:image

f:id:S-Onozaki:20110206001911j:image

いつの間にかmarimoさんを追い抜いてレーティングでも2位浮上。

補強よりも育成が効いてるかもしれません(強大~ワールドレベルのIMが3人になりました)。

次の補強はウィングバック。4-3-3の3IMという超中央突破布陣を強化するために、ウィングバックには高い能力の持ち主を募集中。

こつこつお金貯めないと…